オネストより経費削減のご提案

少しでも費用を抑えながらビルを綺麗に快適に運営していくことが重要です。

賃貸ビルを経営していると必ず発生する経費があります。
ビルの巡回定期清掃・共用部の電気代・エレベーターの保守点検費、植木の選定・退去の際の原状復旧費等々…必ず発生してくるものだからこそ、どのように費用を軽減するかは大きな課題です。
理想は少しでも費用を抑えながらビルを綺麗に快適に運営していく事。

そして削減できた費用を設備の老朽化等のリフォーム費用や、入居募集の際の販促費に当てていく。
そういう長期的な視点からも経費をいかに削減するかは、賃貸ビルの経営の成否に大きく関係しています。一度しっかり現在賃貸ビルにかかっている経費を見直してみましょう。

経費の削減事例 その1

巡回定期清掃の経費削減を実現!!

経費の削減事例 その1

3LDK 24戸 RC造の場合での巡回定期清掃費を請負業者と価格交渉、値下げを実現出来ました。
見直しの結果、月額5,000円/年額60,000円の経費が削減でき、その上掃除内容もグレードアップ。
ビルも見違えるように綺麗になって、経費も節約できました。

巡回定期清掃の経費削減前と削減後

その結果、経費削減できた額で、玄関のインターホンを入居者の入れ替わりの度に、このようなカラーTVモニターホンへ変更しています。

玄関のインターホンを入居者の入れ替わりの度に、カラーTVモニターホンへ変更しています。

▲ページ上部へ

経費の削減事例 その2

広い面積のゴミ置き場の改修で、駐車スペースを増設!!

経費の削減事例 その2

ビルのオーナー様より『古くなって経費がかさみだしたけど、この経済所状況では家賃は上げれないし、何か収益が上がる方法はないかな?』とのご相談をうけました。

早速一緒に現地確認に行き、『共用部の電気代とかをタイマーの再設定などで上手に削減できないか』などと思いながら現地を見て回っていると見つけました。
不燃物と可燃物とに2つに分けて大きく取ってあるゴミ置場、ゴミの収集は不燃と可燃は別なので2つに分ける必要はありませんでした。
オーナー様に 『ここを半分にして、ゴミの案内看板を付け直して、空いたスペースに新規に駐車スペースを作って貸しましょう』 とご提案いたしました。

96,000円/年(月額8,000円)の増収に成功!!

この分で汚くなった掲示板や潰れた郵便受けの交換が出来ました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Twitter
Share on Facebook

  • リノベーション事例
  • 賃貸管理実績
  • 賃貸物件情報
  • よくあるご質問